人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2017/10/24

育児休業の社会保険料免除制度の申出の手続きが追加になります

 10月1日より改正育児・介護休業法が施行され、子どもが1歳6ヶ月になった以後も保育所等に入れない等の理由がある場合については、最長子どもが2歳になるまで育児休業期間を再延長できる制度が導入されました。これに伴い、育児休業期間中の社会保険料の免除に関する手続きが変更になっています。

1.育児休業期間中の社会保険料の免除制度
 通常、育児休業期間中は給与が支給されないこともあり、被保険者の申し出を受けた事業主が年金事務所等に対して手続きを行うことで、社会保険料の徴収が免除となる制度があります。この制度は、育児・介護休業法による3歳に達するまでの子どもを養育するための育児休業等(育児休業及び育児休業に準じる休業)の期間について認められています。雇用保険の育児休業給付は、1歳以降の支給に際しては「保育所等に入れない等の理由があること」という要件を定めていますが、社会保険料の免除にはこのような要件がないことから、社会保険料の免除制度の方が利用しやすい制度になっています。

2.免除の申出のタイミング
 1.のとおり、社会保険の免除制度は最長子どもが3歳に達するまで利用できるものの、申し出に関しては現に育児休業を取得している期間で、以下のタイミングに従って行うことになっています。今回、改正育児・介護休業法が施行されたことに伴い、(3)が追加されています。

(1)1歳に満たない子どもを養育するための育児休業
(2)1歳から1歳6ヶ月に達するまでの子どもを養育するための育児休業
(3)1歳6ヶ月から2歳に達するまでの子どもを養育するための育児休業
(4)1歳((2)に該当する場合は1歳6ヶ月、(3)に該当する場合は2歳)から3歳に達するまでの子どもを養育するための育児休業の制度に準ずる措置による休業

 育児休業期間が延長(再延長)になったり、変更になった場合には、必ず社会保険料の免除の手続きを行う必要があります。手続き漏れを防止するためにも、チェックリストを用いる等の工夫をしておきましょう。

■参考リンク
日本年金機構「育児休業の申出時期が追加されます」
日本年金機構「育児休業保険料免除制度」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




法定休暇の前倒し付与等の検討を求める労働関係法の指針の改正2017/10/17
従業員数が50人以上の事業場は、衛生管理者の選任と衛生委員会の設置が必要です2017/10/10
緊急要請された職場における死亡災害撲滅に向けた取組み2017/10/03
11月に実施される過重労働解消キャンペーン2017/09/26
今年度も大幅な引上げとなった地域別最低賃金2017/09/19
重大事故増加で見直しておきたい自転車通勤等の取扱い2017/09/12
今年の引上げで固定化される厚生年金保険の保険料率2017/09/05
労基署是正指導により支払われた割増賃金支払額 前年度より大幅に増加2017/08/29
マタハラ防止対策 企業規模が小さくなるほど取組み割合が低い結果に2017/08/22
長時間労働が疑われる事業場への監督指導 43.0%が違法な時間外労働という結果に2017/08/15
ストレスチェック制度 8割強の事業場で実施2017/08/08
精神障害による労災請求件数が過去最多を更新2017/08/01
今後、関心が高まる障害者雇用納付金制度の概要2017/07/25
働き方改革の中で注目を浴びるフレックスタイム制導入のポイント2017/07/18
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2017/07/11
  Pマーク100ROBINS

 null
社労士法人ジェイズ事務所
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-26-5
     バロール代々木206
 TEL:03-5365-2355
 FAX:03-5365-2356
 
 

電子申請


個別労働紛争

リンク

パワハラ

こころの耳

マイナンバー

ROBINS